読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勉強したこととか、普段のこととか。

IT関連で勉強したこととか、普段のこととかを書いていこうと思います。ツーリング、写真、コーヒーなどが好きです。よろしくお願いします。

犬井くんとの海外話〜イタリアコロッセオ編〜

海外話 犬井くん

僕の友だちの犬井くんと昔海外へ旅行へ行った時の話である。

2人ともヨーロッパに行くのは初めてだったのだが、ローマに行った時にコロッセオという昔闘技場だった場所へ行った。

f:id:mmys:20160310063717j:plain

こんな感じである。世界遺産を前にしてウキウキだった僕たちは、周りからかなり浮ついて見えていたであろうことは間違いない。しばらく周辺をウロウロ歩いていると、1人の小柄なおっさんが話しかけてきた。

(小柄なおっさん)「Oh~~, Nakata~Naka~~ta~~,Zaccheroni~~!!!」

僕たちは、サッカーは好きだったので、しばらくサッカー談義に花を咲かせ、ああ、イタリアの人はなんて陽気で、気さくで、良い奴らなんだろうと感じた。

しばらくするとその小柄なおっさんが、小指をチョンチョンと手招くようなしぐさをしたのだが、どうやら小指を出せということらしい。

指示通りに小指を出すと、何やらカラフルな紐を3本出し、僕らの小指に引っ掛けて何かを作り始めた。

(僕ら)「ミサンガだ〜!」

どうやら、イタリアと日本の友好の印にミサンガを作っていただけるらしい。本当に…なんていい奴なんだ…と感動しきりだったのだが、ミサンガを作り終えた瞬間笑顔がフッと消えて、

 

(小柄なおっさん)「25Euro/Person」

 

(僕ら)「ポカーン…(・∀・)

何言ってんだコイツ?? たかがミサンガに3000円だと? これはよくある手口らしいのだが、何も知らなかった僕らは完全にカモだったのでしょう。でも僕らよりも小柄で弱そうなおっさんだったので、しばらく支払いを拒否し抵抗を続けると、そいつは電話をかけ始めた。

(小柄なおっさん)「イタリア語イタリア語イタリア語…」

するとしばらくして、身長が190cmはあろうか、巨大なムキムキイタリアお兄さんがやってきたのだ。そのイタリアお兄さんが僕の友人に強くお金を迫り、友達がやむなく50Euroを払った(その後僕は25Euroを友達に渡したのだが…)。

何より腹がたったのが、ボッタクリ行為を働いておきながら僕らに、

 

(小柄なおっさん)「ビンボー!ww」

と決め台詞を吐いてきたことだ。本当に腹が立った。みなさまもミサンガ売りにはご用心を(´・ω・`)

f:id:mmys:20160310063740j:plain